おんせん県おおいたの祇園祭! 大分県指定無形民俗文化財「中津祇園」の公式サイト

上祇園六番車 片端町踊車 

片端町二代目の車で、明治28年(1895)に建造されました。大工棟梁は佐甲光造氏、塗師は増田利夫氏です。

増田氏は、小祝光専寺の彩色のため京都より来津し、そのまま片端町に永住しました。
そのため、片端町の祇園車は「仏壇づくり」とも言われ、大量の装飾金具が用いられています。

破風は、他町の祇園車は「べた金」であるのに対し、片端町の祇園車は「黒」で特徴づけられています。
腰板は麒麟の透かし彫りで、前部懸魚と後部軒下には鶴の彫刻が施されています。

殿町の祇園車と兄弟車で、昭和3年(1928)に二階車へ改造されました。
昭和62年(1987)に全面塗り替えおよび大修理が行われています。

初代の車は、福岡県豊前市八屋祇園の下町に売却されました。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 中津祇園保存協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.