おんせん県おおいたの祇園祭! 大分県指定無形民俗文化財「中津祇園」の公式サイト

上祇園二番車 京町踊車

京町明治24年(1891)の建造で、可倒式の祇園車です。
大工棟梁は不明ですが、京町在住の造道氏の説があります。
二代目の車で、初代の車は大分県玖珠町の森祇園に売却されました。

正面の懸魚には鷲と猿の彫刻、浄瑠璃棚には龍と大鷲の彫刻、格天井には龍の彫刻が施されています。
鬼板は、中津祇園唯一の「獅子噛」です。
彫刻は大阪の兵庫屋により作成されました。
台輪は「浮かし彫り」です。
扁額は明治21年(1888)に、京町の古元氏より寄贈されました。

大正12年(1923)に大改造を行い、平成3年(1991)に車上部を新築しました。
このとき、目釘一本に至るまで、寸法を記録したそうです。
この年は白木で参加し、翌平成4年に塗りが完成しました。
また、平成19年(2007)には、新しい台輪を新調しました。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 中津祇園保存協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.