おんせん県おおいたの祇園祭! 大分県指定無形民俗文化財「中津祇園」の公式サイト

上祇園三番車 諸町踊車

諸町明治24年(1891)の建造です。
三代目の車ですが、いくつかの部品は初代の車から受け継いでいます。
可倒式の車で、町内在住の職人の手により建造されました。

正面欄間は昇天玉龍、左右欄間は竹林と二虎の彫刻が施されています。
特徴として中欄間があり、雲海の鶴があります。
扁額は「諸町」と彫り込まれています。
前後軒先彫刻は浮かし彫り五色で、浄瑠璃棚は「茂呂まち」と彫られています。
格天井の花と蝶の文様は町内在住だった亀井氏の作品で、絵師は浜田氏、棟梁は村上氏、塩田氏と記録されています。

二代目の車は、明治23年に大分県玖珠郡玖珠町森祇園の上町中町組に売却され、その後大正初期に北山田祇園へ売却されました。
また、先代の車は、福岡県豊前市八屋祇園の八幡町へ売却されたとの説もあります。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 中津祇園保存協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.