おんせん県おおいたの祇園祭! 大分県指定無形民俗文化財「中津祇園」の公式サイト

下祇園四番車 龍王町踊車

龍王町明治33年(1900)の祇園祭を最後に、協力関係にあった下正路町から独立し、今富、長賀、浜田、掛野の各氏が発起人となり、明治41年(1908)に宇島の蓬莱町(福岡県豊前市)より祇園車を購入し、大改修を行いました。

昭和18年(1943)までは舟車であり、下祇園の先車(一番車)でした。

朝車のお発ちと、戻り車の練り込みでは、御神前で「松前音頭(舟山車引出歌)」が唄われます。

可倒式の祇園車で、正面欄間には麒麟、左右欄間には鶴亀、後軒見送りには鳳凰の彫刻が施されています。
他町の祇園車に比べて、折り屋根の桟の間隔が狭いのも特徴です。

大正14年(1925)に「新浦」の町名を「龍王町」へ改名し、昭和21年(1946)に舟車から踊車へ改造されました。
昭和36年(1961)に台輪を新調し、昭和58年(1983)と平成18年(2006)に全面塗り替えを行っています。
また、平成19年(2007)に車輪を新調しました。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 中津祇園保存協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.