おんせん県おおいたの祇園祭! 大分県指定無形民俗文化財「中津祇園」の公式サイト

中津祇園の見所

  • HOME »
  • 中津祇園の見所

優雅“×”勇壮”    「祇園車」が城下町を駆ける~走る文化財~

大分県三大祇園祭の一つである中津祇園は、10万石の城下町中津を代表する祭で、疫病退散と無病息災の祈願を目的に、毎年7月20日過ぎの金曜日から日曜日の3日間行われます。
下祇園上祇園合わせて、「祇園車」と呼ばれる漆塗りの華麗な13台の山車と2基の御神輿が中津の城下町を御神幸・御巡行し、高〆が張られた辻々では祇園車の舞台で華麗な民舞等が奉納されます。

神社境内では、高さ約4~5メートルの祇園車を勇壮に走らせることから、祇園車は「走る文化財」とも呼ばれます。

闇無浜神社(くらなしはまじんじゃ)摂社の八坂神社を中心として行われる「下祇園(しもぎおん)」と 中津神社を中心として行われる「上祇園(かみぎおん)」の二つの異なる祇園祭が同日開催され、合わせて「中津祇園」と称されています。

今から約580年前の永享2年(1430)に、丸尾某の霊夢によって豊日別宮(闇無浜神社)および祭礼を再興し、下正路浦の漁民が祇園の御分霊を京都の八坂神社から改めて勧請し、下正路浦の漁師の村祭としてのささやかな祭が行われたことが、中津祇園(下祇園)の記録として残っている最も古い記述です。

一方、宝暦12年(1762)に萱津の大江八幡宮の初卯神事が渡辺越後守の申し出により再興され、この時、京町が祇園囃子を寄進したのが、上祇園の始まりとされています。

現在のような祇園車が出されるようになったのは、約330年前の天和3年(1683)です。

中津藩主が参勤交代で瀬戸内海を航行するなど、中津と関西は瀬戸内海を通じて経済的な結び付きも強かったことから、踊り舞台のある山車を引き回す形態である中津祇園の祇園車と囃子は、かつての大坂三郷におけるダンジリの影響を受けたものである可能性が高いとされています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 中津祇園保存協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.