おんせん県おおいたの祇園祭! 大分県指定無形民俗文化財「中津祇園」の公式サイト

軽快な「鉦」の囃子

鉦打ち「チキチン チキチン チキチン コンコン」のリズムパターンを「じゃんぎり」とよび、鉦と締太鼓がくり返します。
鉦を打つ時は、撞木<しゅもく>(通称「ばち」)と呼ばれる、ハンマーの様な形をした木製の棒で打ちます。

中津の祇園囃子は、鉦の打ち方に特徴があり、祇園車の動く速さに応じて鉦を打つ調子(テンポ)を速くしたり、遅くしたり、鉦を打つ力に強弱をつけて音階音程をつくりだします。
このような特徴から、小倉祇園が「太鼓祇園」と称されるのに対し、中津祇園は『鉦祇園』ともよばれています。

かつて中津と大阪は、瀬戸内海を通じて経済的な結び付きが強かったことから、大阪のだんじり囃子が中津に伝わってきたと言われています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 中津祇園保存協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.