おんせん県おおいたの祇園祭! 大分県指定無形民俗文化財「中津祇園」の公式サイト

若い衆に頼む~駆け出す「松前音頭」

松前音頭下祇園の「龍王町踊車」が舟車時代から唄い継いでいる歌で、朝車の早朝に闇無浜神社を発つ時や、戻車の練り込みの時に御神前で唄われます。
古老が音頭を取り、若衆が合いの手を入れます。

北海道の松前地方から伝わった歌とされており、さらにそのルーツを遡れば、伊勢の「木遣り」であるとの説もあります。

歌の最後の「若い衆に頼む」という歌詞の後、祇園車が威勢良く引き出される光景は、中津祇園の醍醐味を感じ取れる瞬間です。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 中津祇園保存協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.