おんせん県おおいたの祇園祭! 大分県指定無形民俗文化財「中津祇園」の公式サイト

厳かな神事

御神移し下祇園では、各町の祇園車と御神輿に御神体の乗せて御神幸するのが昔からの伝統です。

祭典中日の「朝車」の早朝4時、下祇園各町の総代が闇無浜神社の八坂神社に集い、御神幸奉告祭が行われます。
まだ夜が明けぬ暗闇の中、宮司の手によって御神輿に御神体が移されます。

そして午前5時、先車(一番車)の下正路町舟車が八坂神社の社殿前まで引き付けられ、厳かな雰囲気の中、「御神移し」の神事が始まります。
順次、30分おきに各町の祇園車が引き付けられ、同様に「御神移し」が行われます。

一方、上祇園では、御神輿に対してのみ御神移しが行われます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 中津祇園保存協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.